ビジターカウンター
Welcome aavvii’s room♪ 営業という仕事 (1)


営業という仕事 (1)

 仕事には営業職にかかわらず『相手』という存在があります。特に営業職は直接『お客様』(個人及び企業)と対峙するという点で会社の『顔』の役割をする大きな責任があります。どんなに名の知れた大企業だとしても、お客様の抱くイメージというのは直接相対する営業のイメージによって左右されるケースも多いです。そこでまず大事なのは「清潔・誠実」この2点だと思う。清潔・誠実というのは身なりや行動面はもちろんですが、お客様は企業としてのイメージを営業を通して感じるのだと意識しなければいけない。営業職の難しさは相手がどう思うかは相手によって違うからだと思う。各営業の人間が相手のことをよく理解し、相手が何を望んでいるのか、何を不満に思っているのかをしっかり見極めることが出来なければいけません。間違っても自分の考えを押し付けたり、不満を放置するようなことはしてはいけない。相手の現状を理解した上で、現状の問題を解決し、取り扱う商品(サービス)のメリットをいかに伝えるのか。相手のことが理解できていなければ何をメリットと感じてもらえるのかも分からないですよね。

売れない営業ほど自分よがりで、相手のことを理解していないことが多い。そんな状態でまともなプレゼンができるわけがない。


先ずは、相手を理解することが第一です。




テーマ : 仕事
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aavvii

Author:aavvii
ご訪問ありがとうございます
管理人のaavviiと申します
(39歳)

よろしければ
お気に入り・ブックマークの
ご登録お願いします

RANKING
有益な情報を見つけられたら
ランキングクリックお願いします
Twitter
最近の記事
カテゴリー
welcome
MicroAd
リンク

あわせて読みたい
なかのひと
RSSフィード
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加