ビジターカウンター
Welcome aavvii’s room♪ アルビノ殺害事件の背景@ブルンジ共和国


アルビノ殺害事件の背景@ブルンジ共和国

アルビノ(先天性白皮症の人)を殺害する事件が東アフリカ・ブルンジを中心に頻発に起こっています

先天性白皮症・・・皮膚・目・髪の毛のメラニン色素が先天的に欠乏しているため、太陽光を避ける必要があります
アフリカではアルビノに対する差別が問題になっています


もともとタンザニアで頻発したアルビノ殺害事件ですがこの殺害事件の背景を調べてみて恐るべき事実に直面しました

最初この事件を知ったときは「人種差別」による殺害だとばかり思っていました。しかし殺害の目的は差別だけの問題ではなく、アルビノの遺体(全身または一部:手足・臓器・血液)をタンザニアの呪術師に売る目的で行われているようです。

タンザニアとブルンジではこの2年間に少なくとも56人のアルビノが殺害されるとともに遺体が切断され、そうした体の一部は幸運のお守りの材料にする目的で呪術師に売られています

IFRCの報告書は「アフリカのこの地域に住むアルビノたちにとって、まったくの不運だ。世界的な経済危機のときに、アルビノたちは一攫千金を狙う者たちの犠牲になる。こうした殺人者は(少なくとも)裕福なクライアントを抱える呪術師の手足となっている」と述べている。

タンザニア警察によるとアルビノの体の部位がすべてそろったもの(手足4本と両耳、性器と鼻と舌が含まれる)は7万5千ドル(約670万円)と推定しています



私が以前住んでいた御殿山(北品川4丁目)で使用していた電話番号は
元ブルンジ大使館の番号だったので頻繁に大使館宛の電話やFAXが届き
対応に追われたことがありました(99~06年)

ブルンジ共和国にはなんとなく親しみを持っていただけに
この事件によって受けたショックは大きかったです




テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aavvii

Author:aavvii
ご訪問ありがとうございます
管理人のaavviiと申します
(39歳)

よろしければ
お気に入り・ブックマークの
ご登録お願いします

RANKING
有益な情報を見つけられたら
ランキングクリックお願いします
Twitter
最近の記事
カテゴリー
welcome
MicroAd
リンク

あわせて読みたい
なかのひと
RSSフィード
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加