ビジターカウンター
Welcome aavvii’s room♪ 鳩山政権発足 ナニを託すのか


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鳩山政権発足 ナニを託すのか

鳩山政権発足

う~ん

選挙に大勝して浮かれた顔でテレビに映る議員を見ると不安になってしまう。政治家としての責任を負うことへの覚悟を感じられない。「政治家は選挙で負けたらただの人」と言われるが、選挙に勝ってしまえば結局ただのつまらない政治家になってしまうように感じる。その中にあって長妻昭厚生労働大臣はしっかりと重責を全うしようという覚悟を感じ取ることができる数少ない政治家だと思う。

私の選挙区であり私は長妻氏に票を投じましたが、もともと民主党に対しては期待をしていない。この時期での政権交代は時期尚早だと思っている。小選挙区制の性がもろに表れ民主党の圧勝という結果にはなりましたが、民主党の政策がすべて賛意を得ているわけではない。それどころか今回の選挙は報道でもあるように自民党に対しての「NO」の結果だと思う。

マニフェストは大切かもしれないが、環境というのは日々変化しているものであり、その時その時で選ぶ道も変わってくるものだ。国会では一つひとつしっかり議論をしてマニフェストに掲げたからととらわれず政治家一人ひとりが意思を持って判断していただきたい。

あと気になったのは、岡田克也外務大臣。実直なイメージで素晴らしい政治家だと思う。しかし、外務大臣向きだろうか? 個人的にはもうちょっと柔軟性を持ったほうがいいと思う。あえていうなら、外国とのパイプ役より国内に目を光らせて国土交通大臣というのは?

民主主義は多数決という概念がありますが、国政は必ずしも国民の多数決では決まりません。時には国民の99%反対されることもあるかもしれない。ここでいう真の民主主義とは国民に選ばれた政治家がその責任において国政に当たることだと思う。




とりあえず雑感として勝手なことを書かせて頂きました




テーマ : 民主党・鳩山政権
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aavvii

Author:aavvii
ご訪問ありがとうございます
管理人のaavviiと申します
(39歳)

よろしければ
お気に入り・ブックマークの
ご登録お願いします

RANKING
有益な情報を見つけられたら
ランキングクリックお願いします
Twitter
最近の記事
カテゴリー
welcome
MicroAd
リンク

あわせて読みたい
なかのひと
RSSフィード
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。