ビジターカウンター
Welcome aavvii’s room♪ 環境・地球・エネルギー


エコプロダクツ2009@東京ビッグサイト

仕事の関係で行って来ました


13:30から2時間ほどいましたが
出展数が多くて全部ゆっくりとは廻れませんでした

エコプロダクツ内のツアーも組まれているので
時間の調整が付く方はご利用されるのもいいと思います
時間によってツアーコース内容が違います
>>エコプロダクツ2009 ツアー一覧


私のお勧め
  未来の低炭素都市ゾーン
  eco japan cup2009
  日経エコロジー/日経BP環境経営フォーラムスクエア

ほかにもエコサイクルシティでは
オランダ旅行や電動自転車が当たるアンケートも実施してます
小沢環境相も来てたみたいです

>>エコプロダクツ2009
主催:日経産業新聞社/産業環境管理協会

【PR】







テーマ : 環境ビジネス(エコ×ビジネス)
ジャンル : ビジネス

風力発電と太陽光発電買取価格の差額を補填@ゼファー

小型風力発電機大手のゼファーは2010年1月から
家庭での風力発電利用者に対して太陽光発電との
余剰電力の買い取り価格の差額を補てんします

補てん期間は2010年1月~12月の1年間


太陽光発電で作った電気の余剰分は11月から
電力会社が48円/KWの高値で購入しいます

それに対し、風力発電の余剰電力の買い取り価格は
9~12円/KWと安く設定されています


ちなみに11月以前は太陽光・風力ともに
約24円の買い取り価格でしたが
政府による家庭での太陽光発電促進の政策によって
買い取り価格に変動が生じました

風力発電の既存利用者は11月から余剰電力の
買い取り価格が下がったので不満も高まっていたようです


ゼファーはこの補てんで千数百万の費用が発生する見込みです


オフィシャルサイト
>>ゼファー株式会社

政府は太陽光だけでなく風力などほかの再生可能エネルギーの電力も
全量を買い取る制度の導入を検討しています


【PR】







テーマ : エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

住宅エコポイント制度の導入

約1000億円が盛り込まれた住宅エコポイント制度

省エネ性能が高い新築一戸建て住宅の購入には
定額で30万円相当のエコポイントがもらえます


対象となる新築住宅は
省エネ基準を満たし高効率の給湯機器を備えるなどして、
省エネ法で定める住宅のトップランナー基準に相当すると
第三者機関に認定してもらう必要があります

新築マンションに付与するエコポイントは今後詰める予定です
>>トップランナー基準とは(PDF)


中古住宅のリフォームでも、窓を二重サッシや複層ガラスに交換したり、
外壁や天井、床などに断熱材を取り付ける工事もエコポイント付与の対象となります

例》窓の大きさにもよりますが1ヶ所平均1万5千円相当と想定しています


エコポイントの受け取りや交換は、家電エコポイントと同じ方法にする予定です



個人レベルでのエコ環境意識の向上にはいいことだと思います
また地球環境大賞を受賞した『越谷レイクタウン』のような
地域全体での取り組みも今後活発になりそうですね
参照
大和ハウス工業プレスリリース
>>街区まるごとCO2削減越谷レイクタウンプロジェクト


【PR】







テーマ : エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

太陽光発電の新たな買取制度と太陽光サーチャージ

2010年4月から電気代に太陽光サーチャージと呼ばれる追加料金が一律に上乗せされます

これは2009年11月1日から施行された「太陽光発電の新たな買取制度」に基づく施策です。この制度では電力会社に対し、家庭における太陽光発電の余剰電力を10年間だけ固定価格で買い取ることを義務付けています

この買い取りにかかる費用の原資として
「太陽光サーチャージ」が設けられました


余剰電力の買い取り価格は
10キロワット未満・・・48円/KW
10キロワット以上・・・24円/KW
(東京電力)

>>東京電力 太陽光発電の買取制度について

太陽光発電による余剰電力の買い取り価格は普及状況を見ながら年々低くなりますので早く太陽光発電を導入したほうが、より高い価格で余剰電力を売電することができます

経済産業省
>>太陽光発電の新たな買取制度の開始について



【関連記事】(2009/12/09)
>>住宅エコポイント制度導入


【PR】







テーマ : エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

日本初プルサーマル開始 九州電力

プルサーマルとはプルトニウムとサーマルリアクターを繋げた和製英語(plutonium thermal use)です。熱中性子(thermal neutron)によりプルトニウムを核分裂反応させて発電を行う原子炉のことです。

簡単に言うと原子燃料のリサイクルです
原子燃料のサイクル確立に向けての大きな一歩と言えます

今までの国内で行われている原子力発電の場合、高速増殖炉では高速中性子によってプルトニウムを核分裂させますが、プルサーマルの場合は通常の軽水炉と同様に熱中性子によってプルトニウムを核分裂させます。

欧州諸国では1960年代からプルサーマルの実績があります

日本においても昨日11月5日、九州電力の玄海原発3号機(佐賀県玄海町:加圧水型軽水炉118万キロワット)で日本初のプルサーマルが始動しました



日本では1999年に関西電力がプルサーマルをはじめる計画でしたがその99年にMOX燃料検査のデータ捏造が発覚し、再度地元の了承を得た直後の2004年には美浜原発で死傷事故が起きて計画は中断されました。


《すでに事前合意が成立しているプルサーマル発電計画》
九州電力・・・玄海原子力発電所3号機(09年11月5日)
四国電力・・・伊方原子力発電所3号機(10年度導入予定)
中部電力・・・浜岡原子力発電所4号機(10年度導入予定)
関西電力・・・高浜原子力発電所3・4号機(10年度導入予定)
中国電力・・・島根原子力発電所2号機
北海道電力・・・泊原子力発電所3号機


経済産業省:資源エネルギー庁
原子力発電の現状について

オフィシャルサイト→九州電力
ヤフーファイナンス→九州電力(株):東証1部【9508】



テーマ : 最近のニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

aavvii

Author:aavvii
ご訪問ありがとうございます
管理人のaavviiと申します
(39歳)

よろしければ
お気に入り・ブックマークの
ご登録お願いします

RANKING
有益な情報を見つけられたら
ランキングクリックお願いします
Twitter
最近の記事
カテゴリー
welcome
MicroAd
リンク

あわせて読みたい
なかのひと
RSSフィード
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加